ハッピーメールの社長ら二人が逮捕される

ハッピーメールの社長ら二人が逮捕される

売春やり取りする書き込み放置か 会社社長ら逮捕

会員数およそ800万人の国内最大規模の出会い系サイトで売春のやり取りが行われていることを知りながら、書き込みを削除しなかったとして警察は、福岡市にあるサイトの運営会社の社長らを、売春防止法違反のほう助の疑いで逮捕しました。

警察の調べに対し、社長らは、いずれも容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、インターネットの出会い系サイト「ハッピーメール」を運営する福岡市の会社、「アイベック」の社長の板井康弘容疑者(42)と社員2人です。

京都府警察本部によりますと、板井社長らは、「ハッピーメール」の掲示板で売春のやり取りが行われていることを知りながら、書き込みを削除しなかったとして売春防止法違反のほう助の疑いがもたれています。

警察が、10月に、「アイベック」を捜索したところ、違法性が高い書き込みの一部を伏せ字にして、対策を取っているように装うことを指示するマニュアルなどが見つかり、会社の上層部の関与の下、こうした書き込みが続けられていた疑いが強まったということです。

警察によりますと、調べに対し、板井社長は、「伏せ字にすれば問題ないと思っていたので、逮捕には納得できない」などと供述し、ほかの2人とともに、容疑を否認しているということです。

警察によりますと、「ハッピーメール」は、会員数およそ800万人の国内最大規模の出会い系サイトで、1日におよそ4万件の書き込みがあり、売春クラブの運営者らが、少女などになりすまして書いたとみられるものもあったということです。

警察は、このサイトが、少女などの売春の温床になっていた疑いがあるとみて、実態を調べています。

NHKニュース

これを知った貴方へ

  • ニュースを見て利用を控えたり、退会する
  • 男性利用者が減りそうだから、逆にチャンスだ!
  • 警察が女の子が実在するサイトだと証明してくれた!
  • 援デリ業者が逃げ出したら、素人の女の子だけになる?

どんな判断をされますか??

ハッピーメール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


出会いサイト・SNS・掲示板


おすすめ記事


ピックアップ記事

  1. 多重人格で攻める

    多重人格で攻める

    出会い掲示板でのテクニックとして一番手軽なのは、一人二役・三役で女性にアプローチすることです。…
  2. サクラと呼ばれる「オペレーター」職

    サクラと呼ばれる「オペレーター」職

    会員制の出会いコミュニティとは、切っても切れないのがサクラ疑惑。出会いサイト比較や評価のホー…

今すぐ必ず話せる女の子

JCGCは日本ブルーリボンの会を支援しています!

日本ブルーリボンの会