サクラと呼ばれる「オペレーター」職

サクラと呼ばれる「オペレーター」職

会員制の出会いコミュニティとは、切っても切れないのがサクラ疑惑。

出会いサイト比較や評価のホームページを読むと、「ここはサクラがいない!」とか「100%素人女性」など、一ユーザーであるサイトの管理人が断言してるのを見るけど・・・可笑しいって気が付きますか?

私も長年出会いサイトで女性を見つけてきましたが(恐らく3桁)、どれだけ上手くいっても、「ここは100%サクラがいない」とは言い切れないんです^^;

「サクラがいない」と言い切れるのは、中の人か、中の人からお金を貰った人。つまり広告だから、原稿としてサクラがいませんと書いているだけなんですよ!

街の中に「サイト名!」と連呼しながら派手な車を走らせているからと言って、私達外部の人間が「サクラはいない」と判断できないし、女性誌に広告を出しているから「サクラはいない」と断言はできません。

あくまで、「優良な番組の可能性が高そうだ」と推測して、自分でやってみてそれなりのお金を使い、成功が続けば・・・「サクラもいるかもしれないけど、本物もちゃんといるサイト」との判断ができるんです。

でも、逆に考えると、サクラ=オペレーターの時給なんてたいしたこと無いわけですから、スキルレベルの低い男性からオペレーターがお金を巻き上げ、そのお金を宣伝広告費に投入→良質の女性も集まる、ところを入れ食いすればいいのであって、要は「釣る力」をアップさせ、良いポイントでお金を掛ければ、コストパフォーマンス高くいい女を手に入れることができるんです。

そうなんです。ここでは良い釣り場をお教えすることと、釣る力をアップする二本立てで進めて生きたいと思いますので、皆さん頑張って女性と仲良くなりますようね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


出会いサイト・SNS・掲示板


おすすめ記事


ピックアップ記事

  1. サクラと呼ばれる「オペレーター」職

    サクラと呼ばれる「オペレーター」職

    会員制の出会いコミュニティとは、切っても切れないのがサクラ疑惑。出会いサイト比較や評価のホー…
  2. 多重人格で攻める

    多重人格で攻める

    出会い掲示板でのテクニックとして一番手軽なのは、一人二役・三役で女性にアプローチすることです。…

今すぐ必ず話せる女の子

JCGCは日本ブルーリボンの会を支援しています!

日本ブルーリボンの会